自宅の売却【体験記録】

持ち家を売るか賃貸にするか【賢い選択】

家売っちゃいますか?それとも貸します?

時間と労力をかけることできるなら民泊経営もありだよね

今回は「家を貸すって選択もありかあな?」を考えます。

家を売るのか、貸すのか?

「売却してスッキリ新生活を始めたい!」と考えていたのですが、ふと「貸した方が得なのかな?」と思い。

せっかく建てた思い入れのある家ですから、手放すのは悲しいわけです。それで「賃貸収入」が得られないか?賃貸にした場合のメリットとデメリットは何か?考えてみたんですね。

うちの売却理由は「将来への不安」でした。だから結局は売るしかなかったのですが、

いつか戻って来るかもしれない「転勤」一時的な「介護」などの売却理由であれば、不在の間だけ人に貸して賃貸収入を得るという方法もあるのかな、と思います。

賃貸のメリット

家賃収入(不労所得)が得られる

1番のメリットはこれですよね。毎月決まった額の家賃収入(不労所得)があれば、家計も潤います。家賃収入を得ながらも所有者は自分なわけです。「資産」として物件も残りますしね。

ローンを長期で借りていた場合、月々の返済額が10万円を超えることは少ないでしょう。それなら「家賃収入」でローン返済できますし、固定資産税の支払いや修繕費を積立てに回せれば、メリットはさらに大きくなります。

賃貸のデメリット

「借り主」が見つかるとは限らない

「賃貸」の最大の難点はこれでしょう。継続して住んでくれる「借り主」がいるのが大前提。

建物の状態、設備、立地、賃料、それぞれが満たされないとなかなか「借り主」は見つかりません。自分の持っている物件が、どれほど需要がありそうか、まず判断しなければなりません。

またもし「借り主」が見つかったとしても、どれくらい継続して住んでくれるのかも運まかせ。「空き家」の期間が長いと物件は負の資産となってしまいますから、重要な問題です。

この時点では「貸す選択」を捨てました…

他に考えられるデメリット

・借り主がトラブルを起こすかも

・大家としての業務が大変(クレーム処理、家賃の回収、定期的なメンテナンス等)

・事故物件になる可能性もある

・自然災害リスク

・築年数により資産価値が下がっていく

・不動産会社とのやりとりも大変

・次に住む場所によっては、二重ローンを組まなくてはならない

わが家は、ただいま賃貸マンション暮らし。

売却せず、借り手もつかなかったとしたら「マンションの家賃」+「一軒家のローン」+「一軒家の経費積立」で大変なことに!
これを賄えるほどの金額で借りてくれる「借り主」はそもそも見つからない。

わが家の結論

一軒家の場合、築20年経った資産価値ゼロの物件で、固定資産税が安い地域で、維持費も少なくて済むなら、「賃貸経営」もありなのかな?と思います。これなら、土地の価格が下落しない限りは、収入になりますもんね。

ただ、家を管理する労力って半端ではありません。

売って綺麗さっぱり気持ちを楽にする。そんな選択が一番いい気がします。

うちのように築浅物件ならなおさら「売却」だと思います。

パソコンを見るイラスト

そうと決まれば、いい不動産屋をみつけなくっちゃ。

RELATED POST
自宅の売却【体験記録】

住宅ローンが残っていても売却できるコツ!

2018年6月14日
ミラコログ|支出を減らす!お金を増やす!今を楽しむ!
住宅ローンについて勉強してきました。 私の「家売る体験記」も交え、自宅売却と住宅ローンの関係についてお伝えします。 どうぞお読みください。 住宅ローンが残っていても、 …
自宅の売却【体験記録】

子供がいる条件で選ぶ賃貸物件【徹底比較】戸建 マンション アパートどこに住むのが正解?

2018年6月14日
ミラコログ|支出を減らす!お金を増やす!今を楽しむ!
戦友夫婦 ミラ子です! 子供がいる時の住む場所選びは気を使う。 なんせ言っても聞かない子供たち。 足音で苦情きても困るから、戸建賃貸を探 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ