自宅売却【体験記録】

子供がいる条件で選ぶ賃貸物件【徹底比較】戸建 マンション アパートどこに住むのが正解?

子供_戸建_マンション

子供がいる場合の住む場所選びは気を使いますよね。

 

足音で苦情きても困るから、戸建賃貸を探そうか。

アパート・マンションの1階にしょうか。

でも戸建は近所付き合い大変そうだな…。

 

大人だけで暮らす場合とは違って、事前に考えておかねば行けないことが多くなります。

 

子供がいる場合の賃貸物件は、

「戸建・マンション・アパート」どこに住むのが正解?

 

ミラ子
ミラ子
子供と一緒に、戸建・マンション・アパート全てを体験してみた結果感じたことを書きます。

どこに住んでも問題は起きるだろうけど、問題は最小限に抑えよう!

 

賃貸物件「戸建 マンション アパート」徹底比較!

賃貸物件を選ぶ時の3つの選択肢。

 

  1. 戸建賃貸
  2. マンション賃貸
  3. アパート賃貸

 

アパート・マンションだったら、何階にするか、

構造は、木造でなく鉄骨がいいのか、など考えておかねばならない。

 

ミラ子
ミラ子
うちは、子連れで全部経験したことになるね。
ポジ夫
ポジ夫
「戸建」「マンション」「アパート」3種類の住居タイプで住んでみた経験から、それぞれのメリット、デメリットを検証してみます!

 

「戸建」という選択

賃貸 戸建のメリット

下の階への足音を気にしなくていい

「戸建」なら、住宅の密集具合にもよりますが、子供の大声もある程度は許せます。

 

下に住民が住んでいるわけではないので、バンバン飛び跳ねても大丈夫。

思いっきり歌も歌えるし、音楽も流せるし、楽器だってOK。

 

子供がいる場合は、これすごく大事なポイント。

子供によっては小学生になっても飛び跳ねて遊びます。

 

戸建てのメリットは長く続きますね。

 

庭いじりができる

庭付きの戸建であれば、土いじりができます。

これも子供がいる生活において大きなメリット。

 

野菜や植物をプランターで育てるのと、地面で育てるのとではやはり違います。

子供が育つ環境として、身近に土があるのはとてもいい。

 

小さな生き物を庭で見つける楽しさはプライスレスです。

 

賃貸 戸建のデメリット

管理が大変

マンション・アパートであればしなくていい仕事。

蜘蛛の巣を払う、外壁の汚れをとる、庭に水道があればそこも掃除する。

 

夏の草むしりは骨が折れます。家の前にゴミが落ちていれば自分で拾うしかありません。

そういった苦労があるのが戸建です。

 

自治会が大変

「賃貸の戸建」でも、自治会の加入を求められる場合があります。

ゴミを出す場所が自治会費を払っている方々と同じなら、払うのが筋でしょう。

 

自治会費を払うだけで済めば楽ですね。

ゴミ置場の掃除、草むしり、廃品回収、回覧板。班長になれば集金などの仕事もありますね。

 

自治会の活動が盛んであれば、お祭り、地区の運動会などの行事の手伝いもあります。

ご近所付き合いウェルカムな人は向いてます!

 

ミラ子
ミラ子
私は無理でした。地区にある小さな神社の建て替えで寄付を求められ、大きな額を支払ったこともあります。その神社にどれだけ思い入れがあるかにもよりますが、引っ越してきたばかりの私達は、家でずっとブツブツいっておりました。

そのあたりで戸建てを借りていた知人は、引っ越してすぐは自治会費を求められず、自治会費の存在も知らなかったようなのですが、近所の噂で耳にしたんですって。

 

「あそこは賃貸だから自治会費を払わない」って。

その知人は「最初から集金に来てくれたらよかったのに」なんてぼやいていました。

 

その知人はこの先も長くすむつもりだったので、急いで支払ったそうです。

 

「賃貸の戸建」でも、契約前に確認をすると良いでしょう。
地域によって自治会の活動がどれだけ盛んに行われているかが違います。

今回、自治会の大変な部分だけを書いてますが、いい面もたくさんあります。

いざ災害が起こった時に必要なのは地域の横のつながり。

 

普段はいらないと思えるコミュニケーションは

そういった「いざという時」のためのものでもあります。

 

「マンション・アパート」という選択

マンション引越し

まずは「マンション・アパート」共通して言えるメリット・デメリットの検証です。

賃貸 マンション・アパート メリット

管理が楽!

外観の掃除、庭の管理がいらないというのは、とても楽です。

 

ゴミ出しも楽。無駄に近所付き合いをしなくても住む。

自治会活動から解放される。そういった人間づきあいという面での管理も楽ですね。

 

購入した物件であれば、管理していても資産価値が落ちていくわけですが、賃貸であれば管理がいい加減でも退去しておしまいです。

この気楽さは捨てがたいですよね。

 

賃貸 マンション・アパート デメリット

生活音に注意がいる

上下左右の部屋を気にして生活しなければなりません。

 

マンション・アパートには隣人がいるわけです。

真隣の部屋ではクラッシック音楽を聞いているかも?

 

下の部屋では誰か寝ているかも?そんなことを考えながら子供と暮らすのは大変。

 

まったく騒がない子供は、そうそういるもんじゃありません。

「上下や隣の部屋の人が困らないように!」と叱ることが増えてしまうかもしれないんです。

 

大声を注意する回数が増えたり、注意のしかたがキツくなったりし過ぎないよう、親は考えなくてはなりません。

 

「マンション」と「アパート」の差も研究しておきたいですね。

建物の造りによる違いとして、気温を考えます。まず思いつくのは

 

鉄骨マンションは、夏涼しい!

木造アパートは、夏とにかく暑い!

 

ということ。

 

わが家は現在、鉄骨マンションの4階に住んでいますが、夏涼しいです!

最上階だと暑さが増すのかもしれませんが、周りに大きな建物がないような立地なので風通りもとてもいい。

 

でも木造アパートって暑いんですよね。

家を建てる前に住んでいたのは木造アパートの2階。

 

クーラーなしでは死んでしまうような暑さでした。

今回物件を決める時、メゾネットタイプのアパートも何軒か見たのですが、内覧…暑かったです…。

以前のアパート暮らしを思い出しました。

 

そして、アパートは冬も寒いんですよね。

物件を決める!

自宅売却後、子供との生活に最適な住まいを探したわが家の、「住みたかった住宅タイプ」をランキングで発表します!

 

第1希望 庭付き1階マンション

希望地域では見当たらず断念

 

第2希望 庭付き1階アパート

こちらも希望地域では見当たらず断念

第3希望 メゾネットタイプのアパート

暑すぎたのと、やはり木造。生活音が気になるので断念

 

第4希望 鉄骨マンション

木造アパートよりは生活音が響かないだろう、ということでこちらに決定。

 

子供のことを考えると、小さくても土いじりができる庭を望んでいたのですが、希望地域にはなく断念せざるをえませんでした。あとは、少しでも生活音が減らせるように鉄骨マンションで。メゾネットタイプのアパートは、やはり暑い!そこが気になりました。

 

子供がいる条件で選ぶと、1階がいい。

1階で希望物件に出会えなかった場合でも、アパートよりマンションがいい。

 

私が、鉄骨マンション(の4階)に決めた理由。

内覧時、真夏にもかかわらず、締め切っていたはずの部屋が涼しかったから。

 

遮るものがなく見晴らしがよかったから。富士山が綺麗に見えます。

夕方の内覧だったのですが、夕焼けがすごく綺麗でした。

 

夏はいろんな方向から花火が楽しめるのも決定打の一つ。

まとめ

自分がまさか、マンションで暮らすことになるとは思っていませんでした。ずっと畑と共に生活してましたから。でも「庭付きマンション」はなかなかない。4階は眺めが良く風通りもよかった。夕焼けが綺麗だった。

そうやって一つずつ決めていった住まいですから、大きな後悔なんかはありません。

夕焼けが綺麗に見える生活を、しばらく子供たちと楽しもう。そう思ったのです。

ほんとは、畑のある生活がしたいけれど、今はちょっとお休み。また次のライフサイクルが来たら、引っ越すことができる。その気楽さが賃貸の良さ。

今、住まいをある程度自由に選べるのも、理想の不動産会社に出会えたからです。「売却について、まず話を聞いてほしい」という方に、こちらをおすすめします。

 

350万人が利用した不動産一括査定サイト

こちらの記事も合わせて読みたい



「同じカテゴリ」の記事
自宅売却_体験記 自宅売却【体験記録】

早く希望価格で売るための内覧テクニック

2018年6月14日
自分らしく生きる・家計管理・子育て・ライフスタイルブログ|ミラコログ
今回は、わが家が実際に実践した「早く希望価格で売るための内覧テクニック」をお伝えします! 「第一印象」って大事 当たり前の話になってしまうのですが、内覧の方にできるだけ …
自宅売却_体験記 自宅売却【体験記録】

次の住まいは「購入」か「賃貸」か!決断せよ!

2018年6月14日
自分らしく生きる・家計管理・子育て・ライフスタイルブログ|ミラコログ
持ち家を売却して、賃貸マンション暮らしを選びました! 今回は、「自宅を売却した後の、新しい住居は「持ち家」か「賃貸」がいいのかまとめます。 新しい住居は「持ち家」か …