自宅売却【体験記録】

【戸建ての売却】売買契約を乗りきる!ゴールはあと少し!

戸建てを売却した経験から【自宅の売却体験記】をまとめています。

まとめ記事:自宅の売却【体験記録】

 

今回は仮契約から本契約の様子をまとめました。

  • 仮契約について
  • 手付金について
  • 本契約について

 

ゴール目前!売買契約を乗りきりましょう!

契約は、自宅売却の最後の山場です。

「早く・高く売る」まさにその瞬間がやってきました!

流れをイメージしておき、スマートに乗り越えよう!

 

仮契約!手付金!

売却には2段階の契約があります。その1つ目が仮契約。

家は高い買い物ですから、ポケットマネーで即日購入、なんてわけにはいきませんよね。

そこで仮契約というものがあるんです。ごく簡単に言えば、「買います。最初に少しだけ代金を渡すので、全額用意できるまで他の人に売らないでくださいね」という約束。

また、仮契約で支払われるお金は手付金と呼ばれます。この後お話しするような状況で本当の契約(本契約)に至らなかったら、この手付金は売主(あなた)のものになります。

ですので、仮契約まで進めば売れたも同然です。

ミラ子
ミラ子
実際、仮契約が済んだ時の安心感といったら…

手付金の額、受け渡し方法

わが家が受け取った手付金は100万円でしたが、額には定めがないそうです。

簡単に契約解除をする気になれない額でないとマズいわけで、それを踏まえて仲介業者(不動産会社)で提案してくれることがほとんど。ずいぶん調べましたが、100万円とするケースはかなり多いですね。

受け渡し場所は、だいたいが不動産会社になると思います。わが家もそうでした。応接スペースで。お茶を飲みながら。

現金か振り込みか?わが家は現金でいただきました。不動産会社で用意してくれていた札束を数える機会でバーッと数えてもらって。

仮契約で手付金をやり取りする時の雰囲気ですが、これも多くは和気あいあいと進むでしょう。売主は売れて嬉しいですし、買主は希望の物件が見つかって嬉しいですからね。

本契約に至らないケース

仮契約が無事に済んでも、まれに本契約にならないことがあります。

この場合、理由のほとんどは買う側のローン審査が通らないこと。

仲介をお願いした不動産会社も、この点を強調していました。仲介する立場からも、契約が成立しなかった時にトラブルが起こるのは嫌ですから、「ぬか喜びになるかもしれない。期待し過ぎないようにしよう」と言うんです。大丈夫だと思ってても。

比較的珍しいケースとして、両親の反対などで考え方が変わり、手付金を諦めてでも本契約をキャンセルする例もあるそうです。

いずれにしろ、仮契約後も気持ちを引き締めてべきなのかもしれません。

「まあ、本契約まで行けるでしょう!」と思ってはいても、わが家も緊張しながら1か月間を過ごしました。特に相手の方のローン審査が長引いているという連絡を受けた時は、身体が固くなる思いでした。

でも、

ミラ子
ミラ子
もしここでキャンセルになっても、100万円は手元に残る!そうなれば100万円安くして売り出し、きっと買い手を探せる!と夫婦で励まし合って待ちました。結果オーライ。ずいぶんホッとしたものです。

本契約!

本契約のようすを、わが家のレポートを交えて簡単にお伝えします。読者の方の本契約も、おおむねこんな感じになるでしょう。

ちなみに、本契約へ赴いたのはポジ夫。私は緊張し過ぎて自宅待機だったのです…。詳しく話を聞きましたので、そのままお届けしますね。

(本契約、どんな感じだったんだろう…)

場所:相手の指定する銀行。地下の特別室のようなところに案内されて、少し緊張したそうです。
日時:平日の昼間。相手の指定の時間。1時間くらいで完了。仕事を抜けて駆けつけ、職場に戻るまで2時間。

持ち物は、実印と印鑑証明の他、住民票、登記識別情報。自宅の鍵もすべてこの日に引き渡し。

日どりも持ち物も、不動産会社からあらかじめ連絡されます。わが家でも、心配するようなことはありませんでした。

相手(買主)、不動産会社の担当者、司法書士というメンバーがそろい、本契約が進みます。書類は揃っているので、司法書士の方の指示で必要な個所に押印していくだけです。

緊張感はあるでしょうが、言うなれば高額の商品をやり取りしているわけです。たまに雑談があったりして、楽しい雰囲気になるでしょう。

ミラ子
ミラ子
わが家の場合も、いい雰囲気で契約が進んだそうです。売る方は売れて嬉しい、買う方は希望の家が見つかって嬉しい、ですもんね。

契約のこと、まとめ

仮契約から本契約までの流れを、なんとなくでも思い描いていただけたでしょうか。
以前に自宅を購入した時と同様、売る時にも高額のお金が動きます。イメージしておくだけでだいぶスムーズに事が運ぶもの。手違いやトラブルが起こらないようにしたいですね。
と、脅かすようなことを言ってしまいましたが、心配はなにもありません。ここまで頑張ってきたことが実を結ぶということですし、これまで一緒に歩んできた不動産屋さんがサポートしてくれます。

反対から言えば、頼れる不動産会社と出会うことは最後の瞬間まで大切です。納得いくまで話を聞き、しっかり選んでくださいね。

頼れる不動産会社を探そう!

350万人が利用した不動産一括査定サイト

こちらの記事も合わせて読みたい



「同じカテゴリ」の記事
自宅売却_体験記 自宅売却【体験記録】

住みながら家を売る?いっそ引っ越す?【より早く売るための心得】

2018年6月14日
自分らしく生きる・家計管理・子育て・ライフスタイルブログ|ミラコログ
今回は、「住み続けながら家を売る?いっそ引っ越す?」どちらがいいのか検証します。 家の売却を考えた時、住み続けながら買主を探すのか、い …
子供_戸建_マンション 自宅売却【体験記録】

子供がいる条件で選ぶ賃貸物件【徹底比較】戸建 マンション アパートどこに住むのが正解?

2018年6月14日
自分らしく生きる・家計管理・子育て・ライフスタイルブログ|ミラコログ
子供がいる場合の住む場所選びは気を使いますよね。 足音で苦情きても困るから、戸建賃貸を探そうか。 アパート・マンションの …