よちよち期の子育て(Q&A)

子供との遊び方がわからない… ポイントは距離?【1歳〜3歳向け】

子育ての悩み
子供の気持ちがわからない…。
子供と遊ぶのが楽しくない
うまく遊んであげられない

1~3歳の子供と遊ぼうと思うのに、うまくいかない。

 

そんな時は

  • 隣に座ってみる
  • 気持ちを想像する
  • 真剣になる

これでけっこう解決します!

10分間、隣に座る ~そもそも場所が悪い

そもそも遠いです!子供との距離が!

肌と肌がくっつくくらい、傍に行きましょう。

そして隣に座りましょう。

これだけでかなり楽しく遊べるようになります。

ミラ子
ミラ子
遠いせいでうまく遊べない、ってこと多いと思うんだよね
ポジ夫
ポジ夫
子供一人で遊ばせようとしている感じだよね。僕の体験談としても、コレうまくいかないんだよねぇ…

自分の例で考えてもわかりますよね。

今日のできごとを聞いてほしいのに、夫が部屋から出てこなかったら腹立つじゃないですか。

まず同じテーブルに座ってこっちを向くところがスタートですよね。

きっと、子供も同じ。

お子さんの隣に座って10分間過ごしてみる

それだけで遊びが続いていくことがあります。

ミラ子
ミラ子
たぶんね、子供が安心するからだと思うの
ポジ夫
ポジ夫
ありそう。大好きな大人が傍にいるだけで意欲的になるよね

気持ちを想像する ~体験してみることで

体の動きを想像する

子供と何か作る(工作・制作する)ことありますよね。

動物乗り物とか。輪郭を描いて、はさみで切って、色ペンで塗って…。

そんな時、

ミラ子
ミラ子
利き手と反対の手を使って作ってみるとおもしろいですよ

子供が体を使っている時の気持ちを想像しやすいです。

 

ふだんはこんなふうに思うでしょ?

「子供って、まっすぐ切れないんだなぁ」

「またはみ出して塗ってる」

 

でも、作ってる時の子供の気持ち、想像できますか?

子供なりに「これを作りたい」というはっきりしたイメージがあって、それに向かってはさみやペンを動かします。

 

しかし、筋肉は大人のように発達していませんので、当然曲がったりはみ出したりします。

夢中で続けますが、もっと上手に作りたいという気持ちもあります。

できない。もどかしい。

 

ポジ夫
ポジ夫
その気持ちを体験してみるといい、ってことだね
ミラ子
ミラ子
そう。いろんなことがわかると思う

「円に沿って切るのってこんなに難しいのか…」
「塗り残さないようにするのって、手がくたびれるんだなぁ…」

体験することで、意識しないレベルで共感的になれます。

すると

  • イライラせず待てる
  • 必要なところで手伝える
  • うまくできた時、自分も嬉しい

いいことがたくさん起こります。

遊ぶ空間を想像する

はさみを使う時の気持ちだけでなく、はさみの位置も想像してみるといいでしょう。

ポジ夫
ポジ夫
僕はコレ苦手なんだけど、ミラ子は自然にできてて驚く
ミラ子
ミラ子
特別に意識してるわけじゃないけど…。子供が楽しいと嬉しいもんね

机の高さは合ってるかな?

文房具がすぐ取れるところにあるかな?

これが積み重なると、子供はとても遊びやすくなります。

技術的に真剣になる ~真剣は伝わる

ミラ子
ミラ子
これが一番大切かもしれません

大人でも、こんなのはイヤなはず。

たくさんおしゃべりしたいと思って友人と一緒に出かけたら、

  • 相手が食事中もスマホ
  • 悩み相談中もスマホ
  • ずーっとスマホ

「私に共感する気、あるのかな?」ってなりますよね。

 

子供と遊んでいる大人が、片手間になってしまったら?

ポジ夫
ポジ夫
経験ある。子供、あっというまにつまんない顔になって、遊ぶのやめちゃったり、ふざけ始めたりするんだ…

真剣に遊んでいると、「あ、子供は今こんな気持ちだな」とリアルタイムでわかります。

すると、「じゃあ、こんなふうにしてみようかな?」と、充実する方向に遊びを進めやすいんですよね。

そうやって大人が真剣でいると、子供の想像力もグルグル働きます。

いい循環が生まれる瞬間です。

まとめ

まずは1つ試してみてください。

子供との距離を近づけるだけで、あなたの気持ちが変わることがあるかもしれません。

  • 隣に座ってみる
  • 気持ちを想像する
  • 真剣になる

何でもいいんです。子供がしている遊びがあれば真似してみて下さい。

  • はさみで同じ形を切る
  • タンスに入る
  • 並んで走る
  • 「ワンワン!」と大声で吠える

 

「子供の近くに行く」「近くで何かする」だけで、あなたとお子さんの関係はぐっといい方向へ変わります。

 

「目の前の子供が可愛く思えない」そう思った時はぜひ試してみてください。

こちらの記事も合わせて読みたい