小学生の発達課題

芦田愛菜さん家の教育方針から学べる3つのこと。

芦田愛菜 家庭 教育方針

天才子役 芦田愛菜さん家の教育方針が気になる小学生の母です。

こんにちは。

 

「マルマルモリモリ♪」で大人気となった天才子役 芦田愛菜さん。

 

芦田愛菜さんは、小学校6年生の時に芸能界をセーブし

学校が休みの日は、1日12時間の勉強をこなしていたそう。

 

そして、わずか半年の受験勉強で

偏差値70位上の超名門私立中学校に入学。

 

そのままエスカレート式で高校に進学されています。

 

現在も医学部への道をまっしぐらに歩いているという…

女優業だけでなく学業の方も天才…

 

ヤユヨ
ヤユヨ
何回生まれ変わったらこんな天才になるんだ?

 

って思いません?

 

芦田愛菜さん家の教育方針は?

読書をすることで読解力を身につける

読書好きの芦田愛菜さんは、小学校低学年では月60冊ほどの本を読んでいたようです。

 

高校生になった今でも読書好き。

学業や女優業が忙しく本を読む時間がないそうですが、それでも読書を年300冊ペースで続けているそうです。

 

読書をすることで高い読解力や、教養を身につけていったんですね。

 

ヤユヨ
ヤユヨ
うん、納得。

 

子供の疑問にとことん寄り添う

「それなあに」「これなあに」という小さな疑問にも

とことん付き合い解決する姿勢をとっていたそう。

 

『疑問にはとことん答えて、吸収させる』

『学びの成長を妨げない』

 

忙しいと、ついつい「あとでね」

子供が大きくなってくると「自分で調べてみて」

 

そう対応してしまいがちですが「子供の疑問に寄り添う」ということは

「あなたに関心を持っているよ」「あなたとの時間を大切にしているよ」

 

ってことだと思うんですよね。



「自分に関心がない」

 

そう子供に思わせてしまっては、子供の興味意欲が半減してしまいます。

 

大人になっても自分の興味あることに相手が反応してくれないと

なんだか寂しい気持ちになりません?

 

興味がなくても「うんうん、それで?」「こうしてみたら?」

一緒に疑問を解決する姿勢が大事だよなと、改めて思いました。

 

子供の努力をとことん応援する

芦田愛菜さんは、天才子役と言われていますが、

おそらく「努力の天才」なんですよね。

 

社長さんも「芦田愛菜は才能10% 努力90%」と言っているそう。

 

何事も本気で努力して、楽しむ姿勢が彼女の最大の魅力だし

尊敬できるところなんじゃないかなって思います。

 

ヤユヨ
ヤユヨ
ああ、なんでも3日坊主な自分が恥ずかしい…

 

まとめ

天才子役の芦田愛菜さんの裏には、陰ながら努力している親御さんがいる。

 

・読書をすることで読解力を身につける
・子供の疑問にとことん寄り添う
・子供の努力をとことん応援する

 

書き出してみたら「普通のこと」です。

どこのお宅でも、どこの子でも真似できる「普通のこと」。

 

日々の生活の小さな積み重ねが、子供の将来をより豊かにする。

 

そう願って、「毎日の暮らしを大切に暮らす」

結局、そこに落ち着くんでしょうね。

 

ヤユヨ
ヤユヨ
変わり映えのない日常だけど、重ねて重ねて積み重ねていこう。

子育てがんばろう。

information
こちらの記事も合わせて読みたい