子育てコラム

子供との遊び方がわからないお母さんへ。

子供_遊び方_分からない

子供との遊び方がわからない…。

子供と一緒に公園へ行っても楽しくない…。

 

そんな悩みを抱えている方に向けて書いた記事です。

 

ヤユヨ
ヤユヨ
私も子供と「どう遊んでいいか分からない母親」でした。

 

ですが、一つの気づきから子供と遊ぶことが苦ではなくなったのでお伝えします。

 

当時の子供達の年齢は

娘は6歳半 息子は4歳半 2歳差姉弟です。

 

子供は、公園からでも宇宙に旅ができる。

子供は、空想の世界の生き物。

どこでもドアがなくても瞬時に旅をすることができるのです。

 

当時の子供たちは、公園へ行くと大体設定から入りました。

「これ◯◯ってことね!」

その日によって遊具がいろいろなものになります。

 

海賊船飛行機消防署動物園、ジャングル…

 

子供が小さいうちに大人が色々な提案をしてあげるといいですよ。

子供の中に遊びのアイデアがたくさん貯まります。

 

ヤユヨ
ヤユヨ
ここは海ね。落ちたら怪獣に食べられちゃうんだよ!

 



なんて公園で物語を作りながら遊ぶと、飽きずに長く遊んでくれます。

 

よく「つまんない〜帰ろ〜」ってすぐ帰るお子さんを見かけましたが

勿体ないな〜と思って見ていました。

 

小さい頃にそういった声かけをしていると

きっと4歳〜6歳になった頃には、子供たちだけでもどんどん空想の世界を創り上げて

遊べるようになります。

 

 


例えば、これは宇宙船の設定。

「ここ私の席ね」
「こっちが僕の席」
「ここのボタンを押して、ここから外へ出るのね」

2人で想像の宇宙船を作り上げていきます。

 


こっちは

宇宙服を着て、月を調査します。

 

宇宙船から月まで移動するのが非常に楽しそう。

「宇宙だからくるくる回って行った方がいいよね!」

なんて言いながら空想の世界をより鮮明にしていきます。

 



 


話戻って、これは太陽

 

娘(6)「太陽は暑いけど、この服を着ていると太陽の中に入れるの」

 

まだ空想の世界で遊ぶお年なので、

「太陽の中には入れない」「太陽には熱すぎて近づけない」

なんて現実的なことは言いっこなしです。

 

大人も空想の世界を一緒に楽しんでみましょう!

結構楽しい。

 

子供は、体も心も頭もよく使って遊びます。

 

エネルギーが発散されるためか、

外遊びでは喧嘩も少なくなっていいですよね。

 

そんな中、ラブコールがきました。「おかあさんも宇宙船にのって〜!」

 


「タコがつれたぞーーーーーーーーーーー!!」

海の設定になっていました。

棒の先にタコが刺さっているらしい。

 

こんな感じで、遊びはどんどん続きます。

終わりのない空想の世界。

 

ヤユヨ
ヤユヨ
即興で作られて行く子供との世界が、私は大好きです。

 



 

『子育て四訓』から学ぶ。

4歳、5歳、6歳くらいの年齢って、遊びに広がりが出てくる分

大人の関わり方が難しいですよね。

 

0〜3歳とは違い、一人で遊具もできるようになるので、

きょうだいやお友達がいれば「子供同士で遊びに行ってらっしゃい」

という親御さんもいらっしゃると思います。

 

確かに、4〜6歳は常に手を取ってサポートすべき年齢ではないですから、

子供同士で遊ぶことにはものすごく意味がありますね。

 

といっても、目も心も離してはよい年齢ではないと私は思っています。

 

山口県に住む教育者の方がまとめた子育ての心得に

『子育て四訓』というものがあります。

 

初めて目にしたのは娘が0歳の頃だったでしょうか。

『子育て四訓』

①「乳児はしっかり 肌を離すな
②「幼児は肌を離せ 手を離すな
③「少年は手を離せ 目を離すな
④「青年は目を離せ 心を離すな

 

子供は、お母さんに自分を見ててほしい。

心で繋がっていたい。

 

その安心感があるから、頭と心と体を使って意欲的に

かつ想像力をフルに使って遊べると常々考えています。

 

『子育て四訓』には折に触れて励まされています。



さいごに

もちろん、公園といっても遊具だけじゃありません。

ボール遊びをしたり、自転車に乗ったりもします。

 

ただ想像力を使ってよく遊べた日と、そうでない日では

帰り際の顔が全然違いますね。

 

空想の世界でよく遊べた日はすごく満足した顔です。

 

反対にそうでない日は、長く遊んでいても

帰り際に「まだ遊んでいない!」と駄々をこねられます。

 

そんなことありませんか?

そんな時は、私は、自分の関わり方を思い出してみます。

 

「子供の空想にうまく付き合えてなかったな~」と思い当たれば、

「次はうまくやろう」と前向きになり、イライラすることも減ります。

 

・子供が自分で考えて遊びはじめない
・公園へ連れて行ってもすぐ退屈と言う
・すぐふざけ始める etc…

 

公園遊びでお困りの方は、「こう遊んで見たら?」と言うだけではなく、

ぜひ一緒になって空想の世界を楽しんでみてくださいね。

information
こちらの記事も合わせて読みたい



「同じカテゴリ」の記事