関東キャンプ

氷川キャンプ場の混雑具合を徹底レポ【GW体験談】

氷川キャンプ場_混雑

氷川キャンプ場は、都心から1-2時間程の近さで人気のキャンプ場。

奥多摩でキャンプしたいけど、氷川キャンプ場って混んでるかな?
朝何時頃行けば駐車場に止められるだろう

そんな疑問をいだいている方のために、詳しくまとめました。

 

今回は、GW(5月4日-5日)の氷川キャンプ場の様子です。

他の3連休や、夏休みなど、

混雑が予想されるであろう大型連休も同様に

参考になると思いますよ!

写真を使って時系列で分かりやすくレビューします!

 

氷川キャンプ場|道の渋滞具合

車の場合…

わが家は、子供連れで荷物が多いので車移動です。

埼玉を朝6時に出発。奥多摩に着くまで、一度も渋滞にはまらず着くことができ、

帰りは翌日のお昼頃でしたが、渋滞にはまらず帰宅するができました

ミラ子
ミラ子
埼玉西武から1時間20分で到着!
ポジ夫
ポジ夫
意外と近い!

氷川キャンプ場|混雑具合(GW参考・3連休や夏休みも同様)

朝 7:20 駐車待ち中

氷川キャンプ場_入場待ち
氷川キャンプ場_橋から見た河原
氷川キャンプ場に入る前の、朝7時20分の様子です。

7時半から駐車場が空くので、待っている状態ですね。
ちなみにわが家は15台目でした。

「7時半より前には、近隣の方の迷惑になるので並ばないで欲しい」
事前に電話確認済みだったのですが、高速道路が予想外に空いていて、
少し早めの7時20分に到着となってしまいました。

が、これほど並んでます。

朝 8:00 受付待ち

氷川キャンプ場_受付待ち
駐車場に車を止めた方々が並んでいる様子です。
受付は8時半からなので、7時半に駐車した方は、1時間並ぶことになりますね。

朝 8:30 受付開始

氷川キャンプ場_売店
受付はスムーズで、すぐに順番が回ってきました。
最初に清算です。

テント泊は1泊、1人800円
小学生から1人分がかかってくるので、

わが家の場合は、
大人×2=1,600円
小学生×1=800円
4歳児は無料なので、合計2,400円

駐車料金がかかります。
 駐車場の料金(1泊)1,400円かかります。

前日の方のチェックアウトが10時なので、
コテージの場合は、この時点では入れません。

テントの場合は、空いてるスペースにテントを張るか、
少し時間をずらしてテントを張るといいと教えて頂きました。

キャンプシーズンは早めに駐車場が埋まる(GW参考・3連休や夏休みも同様)

氷川キャンプ場_満車
氷川キャンプ場_駐車場
この日は、9時半には受付が終わったそうです。

通常、宿泊受付が、当日の16時なのですが、
GWなどの混雑が予想されるキャンプシーズンは、満車になり次第、受付終了になります。

遅くても9時までには行くのが無難です。
せっかく行って泊まれないのは悲しいですからね。

朝 9:00 キャンプ場の様子

氷川キャンプ場_急坂氷川キャンプ場_坂
受付を済ませ、河原におります。結構、急な坂。

氷川キャンプ場_混雑具合
河原におりるとこんなかんじです。

氷川キャンプ場_混雑
そんなに混み合っている感じではないです。

氷川キャンプ場_混雑
これは翌朝の写真。

 

氷川キャンプ場_炊事場
川に近い方は空いてますが、トイレ、炊事場周りが混雑具合はこんなかんじです。

トイレ、炊事場に近い方が、お子さんが小さい場合は便利ですよね。

荷物を運ぶにも近い方がいいです。

 

わが家はできるだけ空いてる場所がいいので、川の近くにテントを張りましたが、

結構ゴツゴツしてます。

 

できる限り多くな石は取り除きましたが、限度があります。

私が寝た場所は、ゴツゴツが気にならず大丈夫でしたが、

どこでも寝れるタイプの夫も「腰が痛い」と翌日嘆いていました。

9:00 川近くの様子

氷川キャンプ場_河原
ゴツゴツした石が多いので川近くは空いています。

氷川キャンプ場_河原
川が近いと、川で遊んでいるのを見ながら色々準備ができたり、

料理の準備ができるので、すごくメリットがあるのです。

が、ゴツゴツした場所では気になって眠れないという方にはお勧めできません。

 

氷川キャンプ場|吊り橋の上から見た様子

駐車場に制限があるので、GWとはいえそれほど混み合っているという

ストレスは感じませんでした。

トイレもさほど並ばず使えましたし、炊事場も使えました。

「GWだから」「3連休だから」と諦めなくても良さそう。

氷川キャンプ場|河原の様子

氷川キャンプ場_河原
GWの奥多摩の川は冷たい。

どっぷり体を浸して遊んでいる方はいません。

だから川も空いています。

 

氷川キャンプ場_ボート
ボートに乗っていたり、足首をつけて水遊びしている子供、

あとは学生がノリノリで服のままダイブしてるのをみかけました。

人気の河原は、GWになると結構人がごった返します。

 

氷川キャンプ場のような上流の方は、まだ水温が冷たいので、空いています。

まとめ

氷川キャンプ場は、都内から電車でも行けて自然豊かなオススメキャンプスポット。
スーパー、温泉、ハイキングコースが揃ったキャンプ場はなかなかないので嬉しいですね!

ミラ子
ミラ子
キャンプ用品のレンタルも試してみると面白いと思うよ

キャンプ用品レンタルならそらのした

いつもとは違うテントで泊まってみたいとか、違う道具を試してみたいって方必見。

 

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ