子育て

インディアンごっこがしたい!雄叫びをあげる母と子!

 
【インディアン×ごっこ遊び】
 
ティピテント
 
わたくしインプロ母。6歳女子と4歳男子と一緒に「インプロライフ」を楽しんでおります。
今回は インプロキッズ「インディアンになりたい!」の巻  。よろしくどうぞ!
 

エピソード

先日の流鏑馬(やぶさめ)ごっこの発展でインディアンごっこをしました。[getpost id=”3261″]
 
弓矢から連想したのでしょうね。今日は朝からインディアン(休日の出来事)
子供たち、部屋中をスキップしながら口に手をあて、「ア〜ワワワワ〜♪」と雄叫びをあげます。
 
よーし、今日もいってみましょう!
意欲を発展させるお手伝い!

イエスアンド!

 
さっそく昨日作ったの改良から。
 

矢がもっと飛ぶように工夫しよう!

弓矢の工作
昨日の弓矢。子供がもう少し飛ばしやすい工夫がしたい。。。
 

インディアンごっこ
ラップの芯(もしくはトイレットペーパーの芯2コ繋ぎ)をつけたら、
前よりまっすぐ飛ぶように^^v
さらに、ラップ芯の長さ分、矢を深く引っ張れるので、威力もアップ!
 
インディアンごっこ
今はネット環境があれば、どこにいたって正解が分かります。
今回なんかも、すぐ調べたくなっちゃいました。
🔎 弓矢 作り方 工作 とか。
 
でも、[marker]自分の頭を使って作ることを大事にしたいもの。[/marker]
今回も、がんばって脳内検索しました。
そうやって、悩みながらも思いを形にしていくこと自体、子供にとっていい影響があると思うんですよ。
※ こんな記事も書いてます→【子供の発達】役立つのはどっち?買ったおもちゃ vs. 手作りおもちゃ
 
失敗は成功の元!
完成品の玩具や、組み立てキット(事前に準備された工作)には失敗がないものね。
幼少期の小さな失敗の積み重ねって大切な気がする。
 
インディアンごっこ
いつのまにかカラーテープでフェイスペイントしてる娘(6)。
その横で、弟(4)も顔に一生懸命カラーテープを貼っておりました。笑
 
インディアンごっこ
試し打ちばっちり!まっすぐ飛ぶようになりました◎
※ なぜか顔に当てながら引っ張るので、ゴムが当たり痛がってました。お気をつけ下さい。まあこれも経験!?
 

インディアンコーデに変身!

子供らが遊ぶ横で、母はインディアン盛り上げグッズを作りました。
以前参加したガールスカウト体験会のインディアンカラーを参考に。
この時のフェイスペイント、娘も覚えていたんですね。
ガールスカウト
 
毛糸を三つ編みしようかと思いましたが、サボりました。
インディアンごっこ
3本を切って端っこを結んだだけです。
首用腰用の2本用意。腰には羽根飾りも。
 
冠は羽根飾りをイメージ
 
インディアンごっこ
こちらは弟用。
 
インディアンごっこ
つけるとこんなかんじ。
なりきりグッズつけると、雰囲気でますね〜。
 
シュパーン!バシーン!矢を放ち、的に当たる音
様になってるよー!インディアンキッズ!
 

インディアンの基地を作ってみよう!

インディアンごっこ
今日の基地。インディアンの住処でございます。
THE ありのまま!
インスタ映えしない?いいんですそんなものは!
 
私はティピを作りたい!と提案したのですが、「せまい」と即時却下。
それでも横で作ろうと試みましたが、サポートやら動物役やら忙しく作れませんでした。残念。
 

基地の中をのぞくと

を焼いてました。
インディアンごっこ
インディアンが川で釣ってきたのでしょうね!
 
息子インディアンも、ウサギやら蛇やら鳥を捕まえては戻ってきます。
「お、ウサギがきたからいってくるわ!」なんて言いながら。
アメリカ先住民はウサギをよく食べたでしょうか?

インディアンの食文化
多くの部族がトウモロコシを主食とし、インゲンマメカボチャウリなどを栽培していた。狩猟、漁労、採集と農業を組み合わせる部族が多い
(引用;Wikipedia)

 
インディアンごっこインディアンごっこ
木の実のバター炒め。いい香り。
 
インディアンごっこ
野菜も入れて。野菜と木の実のバター炒め。
インディアン料理美味しそう。
この後たんまりふるまってくれたのですが、ものすごい量!
娘インディアン「インディアンは残さないから!」「インディアンは5倍は食べるから!」
 

ロッキー山脈周辺の部族は、松の実ドングリを主食とした。(略)ドングリは保存小屋に蓄えられ、粉に挽いてパンに加工して食べた。
(引用:Wikipedia)

 
特に知識もないはずなのに、感覚でどんぐりを出してきたりするあたり、さすがのインプロ脳。
 

獲物を捕らえてみよう!

インディアンの大物な食肉といえば、バッファロー
 
バッファローのツノも作りましょう。
インディアンごっこ
水牛になりたい
MOVE 生きものになれる展」の「水牛」をイメージして作ったのですが、形状がずいぶん違いましたね。
 
これをつけて、母バッファローがのっしのっしと登場。
蹄(ひづめ)をイメージしたセロハンテープの芯を持って。
 
カツン カツン カツン…
そこにインディアンの矢がパーン!
 
バッファローは1本の矢では倒れない!
逃げるバッファロー!
 
しかし、インディアン強い!
数本の矢を受け、母バッファローは倒れます…
 
インディアンたちにすっかり食べられてしまいました。
ツノも、爪も、全部持っていかれ…
 

インディアンにとって、(略) 食肉,衣服,寝具,テント,ボートなど,衣食住すべての供給源であった。
(引用:コトバンク)

 
「ごっこ遊びでも、ものすごい悲しいし、痛い><!」
↓この時のこと思い出しました[getpost id=”1732″]
 
「じゃあ、インディアンとバッファロー交代ね」というと、やはり本気で嫌がる子供たち。怖いよね。
 
しかたなく、大きめのぬいぐるみを代役にしてみましたが、矢を放ってみたらものすごく心が痛い…
娘も、「もうやだ〜」って
傷つけると心が痛むこと、今回も遊びから学びました🙏
 

インディアンごっこの課題

・子供2人が入れる大きさのティピを作ってみたい。
・インディアンについてもっと勉強しておこう。
 

まとめ

家の中でインディアンごっこをする様子をお届けしました。
アウトドアでも楽しそうですね!より本格的に雰囲気を出せそうです☆彡
 
 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ