季節の行事

年賀状を手作りで!子供と作る絵の具を使った年賀状作り

年賀状

年賀状作りは進んでいますか?

年賀状は25日までに出すと、元旦に届きますからね。

我が家も毎年「クリスマスまでには出すぞ!」と意気込んでいます。

年賀状を手作り!子供とアイデア出し!

今年は一年生の図工の教科書を参考に作ってみることにしました。

戌年(いぬどし)のデザインを考えます!



「うつして あそぼう」
色々な写し方を試したり、面白い形を見つけるという意図があるようです!

 

準備OK。絵の具で年賀状を書こう!


①まず年賀状を並べます。

ミラ子
ミラ子
「宛名が上になるように」気を付けてくださいね。

娘は2度も3度も見返していました。意外と慎重派。


②用意して置いたセロハンテープとマスキングテープの芯に

絵の具を塗って、ハガキにスタンプしていきます。


こんなかんじ。


息子(4)も上手に押せました。


③次は犬の絵。

途中で気づいたのですが、犬ではなくクマに見えます。かなりの犬感。犬度85%です。引き返せないので犬で押し通します!これは犬!ワンワン!


④「あけましておめでとう」「2018」「いぬどし」と書いて完成。

途中「疲れた〜」と言いながらも、なんとか頑張りました。

「あけましておでとう」になってて、かわいい。


娘(6)がせっせと年賀状を書いてくれている間に、息子は裏紙にお絵かき。

こっちもステキ!色合いがとてもいい!親バカ度90%です。

校内年賀状って知ってる?

30代の私が小学生の時は、校内年賀状というものがありました。クラスごとのポストが、職員室の前にずらりと並ぶのです。その光景を見ただけでワクワクでしたね。


出典:伊作小学校

5、6年生の時は「クラス全員に描きたい!登校班の子にも!お世話になっている先生にも!」とたくさん描きました。しかも絵柄を全部変えて。最後の数枚はアイデアが枯れまくりで、かなり時間がかかってましたね。楽しかったなぁ。私こういうの大好きなんです。

今もそういった小学校はあるのかな、と興味本位で調べたら、意外とあるみたい。抽選会を開いている学校もありました。全校生徒で年賀はがきの抽選会をするなんて、ほんと楽しそうですね。娘が通っている学校でも取り組んでくれたらいいのにな、と思いつつ、先生たちの労働時間が激増しそうで、言えません汗。

おすすめな年賀状サービス

WEB年賀状制作サービスには、以前かなりお世話になりました。

「結婚しました」「子供が生まれました」「子供が2人目生まれました」etc…

せっかくだから、綺麗に印刷されたもの、洗練されたデザインのものをと思い、なかなか会えない親族や友人に送ってたんですね。

子供が小さかったり、枚数が多い場合は、手書きで何枚も描いていられないですよね。

年賀状の印刷なら『しまうまプリント』の早割が安いです。



子供が生まれた時からお世話になっている【Photoback(フォトバック)】

年賀状プリントも注文したことがありますが、基本料と宛名書きが無料なのが嬉しいですよ。

何より、紙質や印刷のファンなので、お洒落でデザイン重視の印刷なら【Photoback(フォトバック)】
です。

まとめ

スマホの影響もあって、送り先がほぼ親族だけになった我が家では、子供と楽しく作ることがコンセプトになっていきそうです。

いずれは娘に年賀状作成を任せられるかな?(喜んでやってくれそう。笑)
戌(いぬ)年の次は、亥(いのしし)年。どんな年賀状にしようかな。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ